有酸素運動 と 無酸素運動
0
    運動には『有酸素運動』『無酸素運動』の2種類があります。

    有酸素運動 (ゆうさんそうんどう) は、酸化的リン酸化を主なエネルギー源とした運動で、「身体にある程度以上の負荷をかけながら、ある程度長い間継続して行う運動」のことをいいます。

    全身持久力の向上が期待でき、中等度の強さに抑えれば、体内の糖代謝、脂肪代謝を改善するので生活習慣病の予防や治療になります。

    長距離走やジョギング、ウオーキング(速歩)、サイクリング、水中運動など。
    運動の強さは、自分の能力の5割程度で軽く汗ばむ程度がよいとされています。脈拍が1分間に110〜120を越えない程度が目安です。


    これに反して無酸素運動(むさんそうんどう)では体内のグリコーゲンなど糖質が酸素を使わずに消費される。あらゆる運動の初期段階や短距離走などの激しい運動を短時間に行われる場合がこれに当たります。無酸素運動はエネルギー効率が非常に悪く、乳酸活性酸素を発生させたり心臓や血管に負担をかけたり、血圧の上昇を招くので好ましくありません。

    重量挙げ、懸垂(けんすい)、腕立て伏せ、短距離全力疾走など。
    脈拍が1分間に110〜120を越えるものとなります。

    ベーチェットの方や体力、免疫力の落ちている時はなるべく無酸素運動を避けるようにしてください。




    【 昨日の行動GO!
      仕事(在庫の補充)ビル
    【 昨日の体調見る
      ほぼ全快!拍手

    【 本日の体調見る
      全く問題なし拍手
    【 本日の行動GO!
      仕事の続き(在庫の補充)ビル
    | behcet | 知っておきたい知識 | 16:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://behcet-blog.mame-design.jp/trackback/360772