『腹式呼吸(呼吸法)』をする前に
0
    『腹式呼吸(呼吸法)』の仕方をブログにて公開します。

    ホームページにて公開しようと思っていたのですが、仕事が忙しくなかなか完成の目処が立たません。一日でも早く行って頂きたいのでブログにて簡単にお話しますが、その前に知って頂きたいことがあります。

    まず、呼吸とは肺のガス交換作業ですがこれは呼吸筋による呼吸運動で心臓のように自力で動くものではありません。

    ですので努めて呼吸筋を動かさずに呼吸している人は十分な呼吸をしていないことになります。

    生きる上で呼吸がとても大事だと誰でも知っているのに、こと病気になり体調に不調をきたしても、疲れているから、免疫力が低下しているから、自分はこういう病気だから...と酸素の重要さに気付きません。

    呼吸が浅く、慢性的な酸素不足になると身体のクエン酸サイクルが崩れ、どんどん溜まる乳酸によって慢性疲労となることや、酸性に傾いた血液はどろどろになり流れが悪くなることは前のブログでお話しましたが、酸素にはまだまだたくさんの効果あります。

    人間の身体は約60兆もの細胞で構成されていますがその細胞すべては身体を流れる血液(酸素)によって生きています。
    酸素を十分に含んだ血液が流れる内臓にはガン(癌)が発生しないという話もあります。ガン細胞は酸素が苦手だからです。

    また酸素不足はパニック障害の原因だというやアルツハイマー病も日々の酸素不足から発症するものだということは最近の調査で明確になってきています。

    充実した呼吸は身体の隅々に酸素を送り届けるだけではなく、自律神経系、ホルモン系、リンパの流れや各臓器、そして脳にまでつよい影響を与えます。

    私に限っていえば、扁桃腺の腫れ(溶連菌感染)、口内炎、ぶどう膜炎、眼底出血、続いた高熱、肌の不調、結節性紅斑、神経系の不調、膠原病ベーチェットの諸症状、物忘れ、倦怠感、脱力感、鬱...など全てが改善に向かっています。

    では酸素を十分に取り込める呼吸とはどういう風に行えば良いのでしょうか?話が長くなってしまったので方法は次のブログにてお話します。



    【 昨日の行動GO!
      社内ネットワークの再構築パソコン
    【 昨日の体調見る
      ややお腹が痛いが調子は良い嬉しい

    【 本日の体調見る
      まだほんの少しお腹が痛い、でもとても元気楽しい
    【 原因と対策病院
      お腹の痛みは日々の暴飲暴食なので消化器系を休めるディナー
    【 本日の行動GO!
      商品の撮影(仕事)カメラ
    | behcet | 万病に効く!『腹式呼吸(呼吸法)』 | 10:59 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    お腹がいたい
    0
      昨日はあまりにお腹が痛いのでブログを休んでしまいました。

      たぶん暴飲暴食が原因ではないかと...
      辛みそらーめんに、カニの食いすぎ、ビールのがぶ飲み...
      いったいどれだろう。
      ベーチェットなのに最近とても健康なのでつい調子にのってしまいました。
      反省します。

      酸素の重要さを皆さんに伝えるためにこのブログを始めたのに、こんなのではだめですね^^;

      ちなみに炎症時などは患部修復時、特に酸素が必要なので昨日、今日と『腹式呼吸(呼吸法)』を行いました。
      それがお腹の痛みに効いているのかはわかりませんが今日は治まっています。


      【 昨日の行動GO!
        税務署へ納税講習
        北里大学病院へ通院..など
      【 昨日の体調見る
        昼すぎから腹痛→夜にピークびっくり

      【 本日の体調見る
        やや腹痛でふらふら冷や汗
      【 原因と対策病院
        最近の暴飲暴食が原因?
        胃薬を飲んで腹式呼吸(呼吸法)を行う。
      【 本日の行動GO!
        ゆったり仕事
      | behcet | 自分のこと | 21:28 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
      腸管ベーチェット
      0
        去年の5月28日のお昼に大量に下血をしました。

        最初の下血は便意を覚えてトイレに行き、便器の中を覗くとどす黒い赤に染まっていました。
        トイレを出て身内の医者に相談すると、「すぐに救急車を呼んだ方がいい」とのことで、救急車に来て頂きました。
        このとき血圧はまだ100はありました。
        30〜40分かけて病院に運んでもらい診療していただいている間に再度、トイレで下血をして意識を失ってしまいました。
        血圧は40を下回ったらしいです。
        無くなった血の代わりに水を滝のように点滴して心臓が空回りしないようにして頂いたらしく、私は5分後くらいに意識を取り戻しました。

        意識がなくなる瞬間に吐き気を覚え、立ちくらみのひどい感覚と目の前が真っ白になり意識が薄れていくのを覚えています。

        走馬灯のように記憶が...なんて事はありませんでした。
        たぶん死ぬのはこんな感じにあっけないものです。

        その後、再度意識を失い、気付いたのは病室でした。
        自分の意思で動かせるのは首から上のみでとても重苦しくて視界が狭かった事を覚えています。

        次の日でしたか、おしりからカメラを入れられたときの恥ずかしさと内臓の痛みは忘れられません。
        結果、小腸と大腸のつなぎ目の小腸よりに先生も初めてみるというくらいの大きな潰瘍があり、止血処置として焼きを入れると、患部が陥没したらしいです。大変に危険な状態らしく、すぐにCRT(っていうんでしたっけ?)にまわされて検査をうけました。間一髪、穴は開かずに済みました。

        しかし、そんな危険な状態にも関わらず3〜4日後には栄養療法といって液体栄養を飲む処置を受けた私は再度、大量に下血をすることになりました。

        看護婦さんの話によるとナースコールを握り締め、白目をむいて痙攣していたそうです。覚えてません。
        覚えているのは血でベットを汚したくないので看護婦さんに”パンパースを早くもってきて”とナースコールに叫んだところまでです。

        その後 再度助かり、1ヶ月半飲まず食わずで2ヶ月の入院をして退院ができました。

        担当医には一生、ご飯は食べれず、液体食料(エレンタール)で暮らしてもらうかもしれないと言われました。

        これが出血後に一番こたえた現実でした。

        でも皆さん。


        信じられますか?
        今では私、ご飯やラーメン、炭酸、辛いもの、お酒...
        なんでも食べてます。
        仕事もしてますし、運動もできます。
        まだ人並みの体力ではありませんが早いスピードで回復しているのを実感しています。

        私の周りの方々の支えもあって前向きに物事を考えた私は去年の12月22日に治療法を見つけました。

        『腹式呼吸(呼吸法)』です。

        足りないのは酸素だったんです。
        慢性的に酸素不足の細胞が弱っていたのです。
        酸素不足を解消することで細胞が元気になり病気を克服する力となります。

        皆さん、真剣に考えてください。
        あなたは十分に酸素を取り込んでいますか?



        【 昨日の行動GO!
          やっぱり気になる4輪バイクのお店に行く。
          しかし、夕方から外は寒くなり身体を冷やしてしまう。
        【 昨日の体調見る
          夕方から激寒で体調を崩さないか心配悲しい

        【 本日の体調見る
          いつもなら体調を崩しているのに問題なくとても元気楽しい
        【 本日の行動GO!
          仕事、仕事ビル
        | behcet | 自分のこと | 23:04 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
        やってしまいました..
        0
          やってしまいました...

          去年年末の12月22日よりずっと体調が良かったのに、今日外で寒い中、半袖で3時間くらい風に打たれてしまいました。

          今までは寒くなると血流が悪くなって必ず扁桃腺が腫れて熱が出て、体力がおちて...口内炎ができて...目の調子が悪くなり...
          なんてベーチェットパターンでしたが、今回は寒い中でも努めて呼吸をしました。

          これから熱い風呂にでも入ってすぐに寝るとします。
          明日、起きて喉が腫れているか、いないか...
          心配です。



          【 昨日の行動GO!
            世間のGWが終わったのでバリバリ仕事ビル
          【 昨日の体調見る
            問題なし。だがやや疲れているしょんぼり

          【 本日の体調見る
            問題なし。外は暖かいし超元気!晴れ
            でも夕方から激寒で体調を崩さないか心配悲しい
          【 原因と対策病院
            寒い中半袖で3時間はきつい撃沈
            熱いお風呂と腹式呼吸しょんぼりを行う。
          【 本日の行動GO!
          クラッシュキングさんの4輪バイク
            やっぱり気になる4輪バイクのお店に行く。
          | behcet | 自分のこと | 23:39 | comments(4) | trackbacks(1) | - | - |
          眼底出血とぶどう膜炎
          0
            最初の『眼底出血』は2005年8月頃でした。
            近眼だった私はレーシック(視力回復手術)を2ヶ月前に行い視力が回復して両眼1.5以上になりましたが2ヶ月後の夜、突然目の前が真っ白になり目が見えなくなってしまいました。
            眼底出血をして丁度、目の中心部分に出血が広がり、視界が遮られたようです。
            当時はレーシックの手術をしたために眼底出血になったのだと思っておりました。

            そらに翌年の2月にベーチェットと診断されるきっかけになる『ぶどう膜炎』と診断された当時は、胃の不調を訴えていた私が大学病院で胃カメラを飲んだときに目に違和感を覚えたので眼科で診療したときに診断されました。
            でもその後は、ぶどう膜炎は落ち着いており発症はしておりません。

            しかし、眼底出血の方は止まらず、大体1ヶ月に2回は繰り返すので、眼底出血をするときに共通することを洗い出したところ、

            1.とても疲れている(慢性疲労)。
            2.横向きに寝たときのみ。
              ※いつも横向きになった側の目が眼底出血している
            3.テンピュール枕(低反発枕)を使用している。
              ※眼底出血をした前週あたりにテンピュール枕を使い始めている


            というのが挙げられたので3番のテンピュール枕を止め、2番の横向きに寝ることを止めたところ、眼底出血は明らかに発症しなくなりました。

            これはどういうことでしょうか?

            私なりに解析しました。
            眼底出血は目への血流が滞ったときに出るので、2番と3番が怪しい..

            2番は横向きに寝たことで顔側面の血流が滞る..

            3番はテンピュール枕を使い始めた月から眼底出血を起こすようになった..

            ひらめいた私はテンピュール枕を止めて、さらに横向きに寝ることも止めてみました。

            結果は...


            眼底出血の頻度が明らかに減りました!
            素晴らしい!!



            その後1年経って、『 腹式呼吸(呼吸法)』が必要だ!と思いつき実践した後は眼底出血がうそのように出なくなりました。

            きっと酸素不足を解消したことで乳酸が減り、血液がさらさらになって目への血液(酸素)が正常に流れるようになったからではないかと思っています。
            これは1番にあてはまります。

            今考えれば、胃カメラを飲んだときにあまりの苦しさに息を止めていました。普段から弱っている細胞に追い討ちをかけるように酸素を絶ったのでぶどう膜炎が発症したのではないかと思います。

            眼底出血やぶどう膜炎になっている方、寝方や枕に気をつけて、努めて呼吸をしてみてください。
            私はだいぶ良くなりました。




            【 昨日の行動GO!
              仕事を忘れてプライベート
              日頃より気になっていた4輪バイクのお店に行く。
            【 昨日の体調見る
              口内炎も治まっている感じ。調子は良い嬉しい

            【 本日の体調見る
              問題なし。だがやや疲れているしょんぼり
            【 原因と対策病院
              日頃の疲れが問題?
              肩腰のマッサージグッド腹式呼吸しょんぼりを入念に行う。
              うめぼしを食べるモゴモゴ
            【 本日の行動GO!
              世間のGWが終わったのでバリバリ仕事ビル
            | behcet | 私の病気改善方法 | 19:50 | comments(20) | trackbacks(0) | - | - |
            酸素不足と慢性疲労
            0
              酸素不足により細胞でのクエン酸が製造されなくなると、残ったブドウ糖は
              疲労物質となる乳酸に変化してしまいます。では、このような酸素不足をも
              たらす原因は、何なのでしょうか?

              1.過度の運動
              2.ストレス
              3.血液循環の低下
              4.貧血
              5.浅い呼吸


              上記の項目以外にも、実は『運動不足』が血液中の酸素濃度を低下させる要
              因となります。たとえばずっと椅子に座って仕事をしていた時に筋肉にこり
              や痛みを覚えるのは、運動不足による血液循環の低下による乳酸の増加と考
              えられます。
              運動不足によって疲れが溜まり、疲れているので運動をしなくなりと悪循環
              となり慢性疲労となります。慢性疲労はこうした複合的な原因によっておこ
              ります。


              【疲労回復の方法】
              血行を良くして代謝を高め、乳酸を減らして疲労を回復させます。
              このとき、マッサージ等によって血行を良くして疲労を一時的に回復する
              方法もありますが、根本から『乳酸(疲労物質)』の溜まりにくい体質に
              治すことが大切です。

              【乳酸の溜まりにくい体質にするには】
              代謝を活発にし、乳酸が溜まりにくくする(クエン酸サイクルの活性化)
               ,燭さん酸素を取り込む様にする(好気性分解)
               血行を良くして酸素や栄養を細胞に送る(血液浄化)

              【クエン酸による疲労回復】
              クエン酸を細胞に供給すると、ブドウ糖が乳酸へと変化する酵素の働きが
              止まります。そしてブドウ糖の乳酸への変化がなくなると、他の酵素の働き
              が活発になり、細胞内にたまった乳酸がブドウ糖に戻されます。
              これにより身体のPH値が酸性から中性へと変化するため、体内の酸素反応
              が活発化され、どろどろになっていた血液がさらさらになるため、エネルギ
              ー代謝がスムーズに行われるようになります。
              こうして細胞の一つ一つが元気になっていき、消火器系や各臓物など身体全
              体が活性化していきます。

              このように、酸素不足になるとクエン酸が製造されなくなり乳酸が増えて
              体調不良となることがわかります。

              ではクエン酸が製造されなくなったらどうしたら良いでしょうか?
              答えは『 摂取 』すれば良いのです。

              【クエン酸を含む食品および一日に必要な目安】
              梅干1〜3個、レモン1/2〜1個、グレープフルーツ1/2〜1個、
              お酢10〜20ml

              【摂取の目安と効果的な摂取方法】
              クエン酸の摂取量目安は1日/1.5グラムです。疲れているときには多めに
              とっても問題ありません。
              ちなみにクエン酸は、摂取してからほぼ1時間以内に消費してしまいます。
              ですので1日のうち何度かに分けて食べるとより効果的です。

              ただし、次の方は注意してください。
              ●薬を飲んでいる方
               グレープフルーツは一部の薬の作用を何倍も増幅させる力が
               あり薬の服用時に食されるのは危険ですのでおやめください。
               



              【 昨日の行動GO!
                親戚の子供(0歳)の初節句のお祝い赤ちゃん
              【 昨日の体調見る
                調子はいいが口内炎が1個できるしょんぼり

              【 本日の体調見る
                口内炎も治まっている感じ。調子は良い嬉しい
              【 本日の行動GO!
                仕事を忘れてプライベートパクッ
                日頃より気になっていた4輪バイクのお店に行く。
              ユナリ社製4輪バイク
              | behcet | 知っておきたい知識 | 21:18 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
              酸素不足で病気になる理由 『 クエン酸 と 乳酸 』
              0
                私が診断されたベーチェット病をはじめとする様々な難病やその他の病気
                は科学的な根拠から裏付けされます。

                今日は少々詳しくお話します。


                私たちが食べる穀物や果糖など『炭水化物』は小腸で『ブドウ糖(グルコ
                ース)』
                に分解され、血液によって全身の細胞に送り届けられます。
                細胞に『ブドウ糖』が取り込まれると、酵素の働きで『クエン酸』に変化
                し、そこで『クエン酸』『酸素』と結びついて科学的な変化を遂げます。
                その過程で副産物として『エネルギー』が生じます。
                これが『エネルギー代謝』と呼ばれるものです。

                ところが、この『クエン酸』の化学変化の過程で『酸素』が不足すると『エネ
                ルギー代謝』
                が低下して、細胞は『クエン酸』を作る作業を止めてしまい
                ます。そうなってしまうと細胞は『ブドウ糖』を疲労物質である『乳酸』
                に変えてしまうのです。

                私たちの体は何もしていない通常時でもエネルギーを消費しています。
                そのときに『酸素』が不足したらどうなるのでしょうか。
                何もしていない、休んでいるつもりなのに体の中ではどんどん『乳酸』
                製造していき、病気の元凶となる疲労物質が増えていきます。

                『乳酸』が増えるとまず以下の様な不調が現れます。

                1.倦怠感
                2.虚脱感
                3.集中力の低下
                4.精神的な不調
                5.肩こりや腰痛など筋肉の疲労
                6.筋肉の痛みや硬直


                さらに、『乳酸』は血液に溶けて体全体を酸性側に移行させます。
                酸性下では血液はドロドロになって血行を悪くさせ、細胞への酸素供給が
                間に合わなくなるため『エネルギー代謝』が進みにくくなることがあり、
                ますます『酸素』が不足して『乳酸』が増えます。
                いわゆる 『 悪循環 』 です。

                また酸性化されたからだは個々の細胞の代謝を悪くさせ、内臓の機能を
                低下させ、免疫力の低下も引き起こします。


                『ベーチェット』は免疫力の低下による病気です。
                また、内臓の機能が低下すれば『腸管ベーチェット』にもなります。

                またパニック障害で電車に乗ると気分が悪くなるなどは、やはり酸素不足
                による精神的な不安だったり倦怠感、虚脱感からくるものと思います。

                酸素不足になると『乳酸』が溜まり、個々の細胞が疲労困憊して弱くなり
                ます。これが免疫力の低下です。
                免疫力が低下すれば風邪にも引きやすくなり、しいては万病になります。

                不調の原因は酸素不足なのです。



                【 昨日の行動GO!
                  調子にのって人並みに体を動かして疲労ショック
                【 昨日の体調見る
                  全く問題ないが調子に乗って動いたので疲労感冷や汗

                【 本日の体調見る
                  調子はいいが口内炎が1個できるしょんぼり
                【 原因と対策病院
                  口内炎は人並みに動いたのが原因バッド
                  肩腰のマッサージグッド腹式呼吸しょんぼりを入念に行う。
                | behcet | 知っておきたい知識 | 21:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                酸素の足りない現代社会
                0
                  現在の大気における酸素濃度は20.93%
                  江戸時代は26%あったと言われています。

                  酸素濃度が20.5%から18%位のところを酸素不足状態され、
                  現代人は殆んどがこの範囲にいます。
                  呼吸が深い、浅いに関係なく私たちは酸素不足の状態にあるのです。
                  この状態では思考、免疫力、行動力等に大きな影響を及ぼします。

                  また一方、酸素濃度が17%位になってしまうと、頭痛,めまい、
                  吐き気を催し、酸素欠乏状態となるのでとても危険です。

                  ちなみに人間にとっての理想値は30%くらいとされ、宇宙ステーション
                  では酸素濃度を33%で設定されています。


                  通常時でも酸素不足範囲に居る私たちが、電車に乗ったり、会議室に
                  何人かで閉じこもったりするとその空間内ではさらに酸素濃度が下がり
                  危険な状態となります。

                  この危険な状態の中でさらに呼吸が浅いとどうなるでしょうか?
                  当然、気分は悪くなり頭も働かなくなってしまいます。

                  私たちの体で常に一番酸素を必要としているのは脳です。
                  体の細胞の場合、酸素をある程度貯蔵することができるのですが
                  脳は与えられた酸素を一瞬で使ってしまいます。たとえば、心停止
                  して酸素が脳に運ばれなくなると、脳もその時点で仮死状態となります。

                  パニック障害の症状に見られる、”電車に乗ると気分が悪くなる”
                  というところは酸素不足が大いに関係しています。

                  酸素が少ないと脳細胞は少しづつダメージを受け、積もり積もると
                  アルツハイマー病を発症したりすると考えられます。
                  酸素濃度は1%以下の変化でも脳には大きな影響を与えます。


                  私の場合、努めて酸素を取り入れる以前は電車内で気分が悪くなったり、
                  扁桃腺の腫れでよく高熱、口内炎が6〜10個、肌のブツブツ(結節性
                  紅斑)、眼底出血、飛蚊症、頭痛、倦怠感、寒気、神経痛...などなど
                  辛い症状は数知れずありましたが、『 腹式呼吸(呼吸法) 』をする様に
                  なってからはその全ての症状が治まってきています。

                  足りないのは酸素なのです。



                  【 昨日の行動GO!
                    引き続き、会社内の部材などをまとめるビル
                  【 昨日の体調見る
                    全く問題なし、良好up

                  【 本日の体調見る
                    全く問題ないが調子に乗って動いたので疲労感冷や汗
                  【 原因と対策病院
                    調子に乗って人並みに動いてしまった(反省 悲しい
                  貸し倉庫内
                    でも棚の組み立てと倉庫への荷物搬入は無事終了!OK

                    今日はマッサージと呼吸法をして早く寝ることにします月
                  | behcet | 知っておきたい知識 | 19:17 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                  たばこと難病ベーチェット
                  0
                    ベーチェット病には治療法はないと言われていますが、唯一たばこを
                    喫煙することによって症状が抑えられると話に聞きます。
                     
                    これはどういうことでしょうか?

                    たばこは発がん性物質だということは良く知られています。

                    血流が悪いとベーチェットは発症すると言われているのに
                    血管を収縮させ、ビタミンCを消費するたばこがなぜベーチェットに
                    いいのか?

                    それはやはり 『 酸素 』 ではないでしょうか。

                    私の理論では、日頃の酸素不足から弱りはて、免疫力が低下した細胞
                    が異変を起こすのがベーチェットだったり、パニック障害、扁桃腺炎、
                    風邪、アルツハイマー病、癌、など様々な病気です。

                    たばこを吸うことは『 煙と一緒に酸素を吸うこと 』です。

                    ほとんどの喫煙者はタバコを吸うときは大きく息を吸い込み肺に煙を
                    行き渡らせます。
                    言い換えれば、肺に酸素を行き渡らせているという事です。

                    世の中にある病気そのものの原因は酸素不足と私は考えます。
                    病気になっている皆さん、良く考えてください。


                    『 あなたは十分な酸素を供給していますか? 』


                    紙に火を付けても酸素がないと燃えません。
                    細胞も同じです。
                    元気の無い細胞にいくら栄養を与えても酸素がなくては意味がないのです。

                    子供のときのような綺麗な肺ではありません。
                    同じ量の空気を吸っても取り込める酸素は少なくなっています。
                    また、少なからず大人は子供よりも酸素を多く必要とします。
                    体が大きくなればそれなりに息を吸わないとだめなんです。


                    『 子供のときよりも大きな呼吸をしていますか? 』


                    ベーチェットをはじめ、大きな病気が大人になってからなのは
                    取り込む酸素の量が減っている為に細胞が弱っているのです。


                    【 昨日の行動GO!
                      貸し倉庫を借りたので荷物の移動車
                    【 昨日の体調見る
                      完治!? 良好!楽しい

                    【 本日の体調見る
                      全く問題なし、良好楽しい
                    【 本日の行動GO!
                      引き続き、会社内の部材などをまとめるビル
                    | behcet | 知っておきたい知識 | 22:19 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
                    酸素で治った口内炎
                    0
                      ベーチェット病と診断される1年ほど前から口内炎の数が増え、一度に
                      出来る数が6個前後、多いときには10個とかできるようになりました。

                      それ以前も口内炎になりやすい体質で、出来ても1個2個で3日あれば
                      治っていましたし、そんなには重要視はしていなかったのですが...

                      一度できた口内炎は1週間たっても治らず、”アフタゾロン”という
                      口内炎の薬だけがなんとか効いている状態でした。

                      この口内炎、扁桃腺が腫れて体力が落ちてくると扁桃腺にも出来るので
                      40度近くなる高熱につながります。

                      私の場合、口内炎がでるとそれに連鎖して色んな症状が発症するので2
                      ヶ月くらいの闘病生活を覚悟するようになりました。
                      当然、寝たきりです。

                      ところが!

                      ベーチェットと診断され、眼底出血、ブドウ膜炎、大腸からの大量出血
                      (腸管ベーチェット)、肌のブツブツ(結節性紅斑)、毎日の様に続く
                      高熱、扁桃腺の腫れ、リンパ節の腫れ、肺の痛み、脇腹に刺す様な痛み
                      など多々、症状のあった私ですが

                      去年(2007年)の12月22日に

                      『ベーチェット病は血流悪化により発症するなら、細胞に届けられなく
                       なった血液上で大切なものはなに?』

                      と考えたところ、

                      『酸素では?』

                      と思いつきました。
                      それから色々と資料を読み、勉強して、その日の内に『腹式呼吸
                      (呼吸法)』を実践してみました。『腹式呼吸(呼吸法)』を実践すると
                      1セットをまるまる行うと大体30分くらいかかります。
                      この『腹式呼吸(呼吸法)』を行ってから熱を測ってみると

                      『たった30分の呼吸で3週間続いていた38.8度の熱が36.8度に
                      下がっているではありませんか!』


                      これはすごいことです。
                      この理論からいくと、人間の60兆あるといわれている細胞それぞれに十分
                      な酸素を送り届けてあげることで細胞ひとつひとつが元気になり病気と闘っ
                      てくれたことになります。

                      病気と闘えるだけの元気が出来るのなら、これを普段から行えば元気いっぱ
                      いになる筈です。

                      この『腹式呼吸(呼吸法)』は実は結構疲れます。効能を知っている私で
                      さえ、健康時には実践をさぼります。

                      ですが去年の実践した日から数々の症状が徐々に出なくなっており、

                      仝内炎アフタが出なくなってきて現在ではほとんど出ない。出ても2〜
                       3日で治る。
                      月に1〜2度あった目の不調(飛蚊症や眼底出血など)が最近ではほと
                       んど現れない。
                      B領歪祺嫉、太ももにたくさん出来ていたにきびのような肌のブツブツ
                       (結節性紅斑)がほとんど出来なくなった。
                      ぃ噂鬼屬烹渦鵑魯螢鵐兩瓠扁桃腺の腫れで高熱が出ていたのに、それが
                       2ヶ月や3ヶ月で1回になった。
                      セ茎が痩せなくなった。
                      γ郢が出来にくくなった。
                      頭がすっきりしたので物忘れが少なくなった。
                      ┠饌婀兇なくなった。


                      などなど、その他全ての症状が収まりました。

                      話は長くなりましたが、
                      口内炎は体力低下時にできる”注意信号”であると私は考えます。
                      口内炎が出来たらしっかり休養をとって、呼吸をして体を休めるように
                      してください。
                      放っておくと私みたいに色んな病気にかかってしまいますよ。


                      【 昨日の行動GO!
                        仕事ビル
                      【 昨日の体調見る
                        扁桃腺の痛みと胸の痛み共に和らぐ。熱はなし!嬉しい

                      【 本日の体調見る
                        完治!? 良好です楽しい
                      【 本日の行動GO!
                      貸し倉庫
                        貸し倉庫を借りたので荷物の移動車
                      | behcet | 私の病気改善方法 | 12:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |